FSP杯~Free Style Project~(兵庫)


IMG_6524

 

3月20日、兵庫県は神戸総合運動公園にて第1回目の開催となるF.S.P杯~Free Style Project~~が快晴の小春日和の中開催された。初めての開催、完全なノージャンルでの公募とあり主催者曰く不安いっぱいの中当日を迎えたが近畿一円から約120台の改造車、そして300人以上のギャラリーが集まった!!   進行は初開催とは思えないほど手際よく進め、またハイテンションな司会者が終日軽快な笑いを誘うトークで会場を盛り上げこれぞイベント!と言える楽しい雰囲気を演出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6410

 

IMG_6413 IMG_6414

 

IMG_6532 IMG_6412

 

IMG_6565 IMG_6491

 

FB_IMG_1458560338451

 

IMG_6477 IMG_6417

 

IMG_6447 IMG_6459

 

IMG_6488 IMG_6536

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■Y32 シーマ 濱本 頌弥 兵庫県

 

IMG_6429

 

IMG_6433 IMG_6432

 

 

 

「シンプルにイカツク!」をコンセプトに32らしさを尊重し制作した濱本くん。 職業の鈑金塗装を生かしシンプルな造形ながらも見る角度によってグリーンメタリック、ゴールド、パープルメタリック等約5色に変化するオリジナル3コートパールブラックで全塗装。この妖艶な色使いで他車とはひと際違う存在感をアピール。 エクステリアは純正加工、Rバンパーにはサラッとした造形のレクサスCT Fスポーツのディフューザーをニコイチ。

 

 

 

IMG_6437 IMG_6438

 

 

 

足回りはマジカルワンオフ車高調、Fにロアアーム、テンションロッド、Rにはアッパー短縮加工、トーロッド、トラクションロッドでローダウン。ホイールはSSR フォーミュラメッシュの18インチで渋く決める。 今後は「とりあえずベッタベタに落とす!!」予定だ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■RB1 オデッセイ(WILL)寺山 靖晃 三重県

 

IMG_6578

 

IMG_6579 IMG_6580

 

 

 

「出来るだけ人と被らない仕様」を目指しエクステリアパーツのほとんどをワンオフ製作したオリジナリティの塊の寺山オデッセイ。生々しいボディーカラーはオリジナルピンク。このボディーカラーにより、よりラインが浮き立ちくっきりとしたオーバーフェンダーをはじめ全身に至るボディーワークを強調させている。

 

 

 

IMG_6582

 

IMG_6583 IMG_6587

 

 

 

そしてリアビュー全方向にインパクトを放つエキゾーストの取り回しはワンオフ製作。Rバンパーの左右からパイピングとエンド部を覗かすなどここにもオリジナリティあふれるオーナーのこだわりを感じる。 インテリアはシートカバーと張り替えを組み合わせパープル×ホワイトで爽やかにまとめる。 「イベント等でお会いした際はよろしくお願いします。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6445

 

IMG_6425 IMG_6418

 

IMG_6448 IMG_6420

 

IMG_6449 IMG_6421

 

IMG_6427

 

IMG_6454 IMG_6422

 

IMG_6469 IMG_6426

 

IMG_6483 IMG_6443

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■BMW E66 若田 悠佑 兵庫県

 

IMG_6404

 

IMG_6405 IMG_6406

 

 

 

このF.S.P杯がイベントデビューという完成してもない若田くんのE66。 エクステリアはF、S、R総てオートクチュールをベースに加工。そして10.5J-11.5Jという深リムの20インチのWORK グノーシスHS202 を包み込むセミブリスターのサイズはF 6cm、R 8cm。 左リヤからのぞくマフラーは社外加工の3本出しと大人っぽい佇まいの中にやんちゃさもワンポイントで投入。 ライト類をはじめ要所にブラックアウトを施し引き締める。 「落ち着いたワイド&ロー」がコンセプトとの事だがE66本来の良さを更に昇華させた迫力ある出来栄えはデビューオーナーとは思えないレベルだ!!

 

 

 

IMG_6408

 

IMG_6409 IMG_6609

 

 

 

今後はアーム&トランクオーディオ製作を予定。 この日は25歳未満のオーナーのみで競い合う「U-25部門」で優勝を飾った。 「追いかけて行きますので宜しくお願いします!!」と全国のオーナーへのメッセージだ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6424

 

IMG_6486 IMG_6458

 

IMG_6452 IMG_6607

 

IMG_6411 IMG_6441

 

IMG_6540

 

IMG_6490 IMG_6460

 

IMG_6493 IMG_6463

 

IMG_6492 IMG_6464

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ストリーム(Pleasure)藤田 将太 兵庫県

 

IMG_6567

 

 

 

「VIPテイストを取り入れてワイド&ローをコンセプトに作りました」というスイフト純正イエローがまぶしい藤田ストリーム。エクステリアはFにVビジョンのオデッセイ用を移植、サイドはメーカー不明、Rはバリュースポーツをセレクト。そして迫力ある鉄板製作のオーバーフェンダーはF 8cm、R 10cmの出し幅。 日正タイヤ車高調で下げた足回りにセットされたのはスーパースター レオンハルトラーゼン19インチ(F 10J、R 12J)。

 

 

 

IMG_6568 IMG_6572

 

IMG_6570 IMG_6573

 

 

 

「次はよりシンプルにキレいな車を作って行きます!!イベントやMTにガンガン行きますので交流宜しくお願いします!!ちなみに熟女好きなのでよろしくです!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6527

 

IMG_6494 IMG_6462

 

IMG_6481 IMG_6482

 

IMG_6495 IMG_6496

 

IMG_6474

 

IMG_6498 IMG_6465

 

IMG_6499 IMG_6466

 

IMG_6566 IMG_6506

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■アコードワゴン(一寸法師)三木 拓歩 兵庫県

 

IMG_6552

 

IMG_6557 IMG_6559

 

IMG_6554 IMG_6560

 

 

 

ソウルグレーをベースカラーに現行GT-Rのパールを調合した未来的なボディーカラーが象徴的な三木アコード。 エクステリアはF,S,Rともにファイアースポーツ加工にWはジェレードGT。サイドカナード装着に大ぶりなフェンダーはTRAのキット加工。大口径のエキゾーストはワンオフ英二スペシャルだ。 足回りはテイン車高調にスポーティ感と重厚感を併せ持つウェイバースポーツ ゼニスライン19インチ(10.5J-11J)を装着。 今後の予定は「オーディオ+モニターを組んでGRAYを流したい」。 オーナーからは「もっとホンダを愛して下さい!!」と短くもアツいメッセージ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6508

 

IMG_6501 IMG_6468

 

IMG_6503 IMG_6502

 

IMG_6574 IMG_6475

 

IMG_6515

 

IMG_6498 IMG_6514

 

IMG_6504 IMG_6512

 

IMG_6562 IMG_6500

 

IMG_6507

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■30セルシオ(CLUB GREATNESS)明石 翔 兵庫県

 

IMG_6394

 

IMG_6399 IMG_6401

 

IMG_6403 IMG_6402

 

 

 

長期間自作ありきで製作し続けたガラスフレークの効いたオリジナルイエローが眩しい明石セルシオがこのイベントでお披露目デビュー!!

後期移植の多い30前期をベースに前期らしさにこだわってコーディネイト。エクステリアはJOBデザインのキット、深リムホイールを包むクッキリとしたラインのオーバーフェンダーはF 6cm、R 10cm。

ワンオフ車高調に渚オートのアッパー類、イデアルのナックルで攻めた低車高。

ヘッドライト内の移植やLEDテールやマフラーなどはオーナーの自作。

今後は「エアロ加工に挑戦&マフラー再製作!!」

「これからイベントに参加していくのでヨロシクお願いします!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6542

 

IMG_6505 IMG_6478

 

IMG_6519 IMG_6521

 

IMG_6518 IMG_6520

 

IMG_6451

 

IMG_6606 IMG_6517

 

IMG_6513 IMG_6416

 

IMG_6539 IMG_6535

 

IMG_6534

 

IMG_6531 IMG_6528

 

IMG_6516 IMG_6442

 

IMG_6537 IMG_6530

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他のドレコンとは違い車種別部門を撤廃し、オーナー自身の自己採点によるクラス分け投票を行う事によりジャンル問わず総ての参加車輛がライバルというコンテスト方式を採用。この思い切った方法も不安いっぱいな主催者だったが新鮮なコンテスト方式が参加者には好評だった。

なおF.S.P杯と「杯」を名乗る以上トロフィーではなく杯=カップだ!!と上位入賞者には真鍮製の高価なカップを用意したのもひとつのこだわりだ。

 

 

 

IMG_6592

 

IMG_6497 IMG_6533

 

IMG_6597 IMG_6598

 

IMG_6600 IMG_6605

 

 

 

なお主催者 FIXER代表 日高くんの総評として「初めてのイベント開催にも関わらず事故、トラブル、違反車両の検挙等なく終始笑顔で過ごして頂けホッとしています。また次回もっと盛り上がれるイベントを開催できるよう頑張ります!!」とのコメントだ。

 

 

 

IMG_6608

 

コンテストの頂点にはヘビーカスタム総合優勝のGSオーナーの村上 直さんが輝いた!!