愛車道 vol.14 アルファード


■アルファード 山本 弘樹 京都府

 

 

img_7030

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白にこだわり、シンプルを貫く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

img_7025

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まばゆいオリジナルプラチナホワイトと欧州車をオマージュした上質かつシンプルなシルエット。

高級車が本来備え持つ高級感を何年経っても色あせない、更にそれを昇華させるコンセプトで製作された山本アルファード。しかし今のスタイルに辿り着くそれまでにはオーナーの苦悩、葛藤、そして揺るがないこだわりがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

img_7042

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エクステリアはF、S、RともにK.M.S(興明車)オリジナルワンオフ製作。Fはゴルフ7のバンパーを流用し合体、オーナーのコンセプト通り欧州車のオシャレ感が相乗し、やりすぎていないからこその上質感が演出される。

リアはワンオフの動きある取り回しのマフラーを装備しながらも、それ以上過激にならないようバンパーメイクは必要最小限の造形とし、あくまで車輛全体のバランスに重きを置き、「やっていないシンプル」ではなく「やりきった上でのシンプル」という車輛を熟知していなければならない領域で「シンプル」を体現している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

img_7028 img_7046

 

img_7063 img_7061

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【エクステリアの全貌を動画でチェック!!】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今を遡る事8年前、アルファードを手にした山本さん。

当初は家族が増えた事もあり大人しく乗ろうと考えていたが、友人にイベントなどに誘われた事やたまたま買ったカー雑誌などに触発されヘッドライトを加工・・・

一度足を踏み込んだらとめどなくのめり込んでしまうのがカスタムカー。いつしかアルファードは過激な仕様となっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

fb_img_1477674964668

過激なエクステリアの前仕様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

img_7039

 

img_7058 img_7059

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝ち負けにこだわり過激な仕様へと傾く一方、「派手だから勝てる」ではなく「シンプルでも勝てる」という次なるステージが見えた山本さん。

イベントでは派手であればより目立てるし、覚えてもらえる。故に結果にも直結しやすいが派手に派手を重ねていくのにも限界がある。

派手系からシンプル路線へシフトチェンジ。そこからは一気にアルファードの全貌が変化する。

 

ボディーカラーはクロノスゴールドを使用したオリジナルプラチナホワイト。光の当たり具合により変化する厚みのあるホワイト、この白という選択にも山本さんの高みを意識した思い入れがある。

白をベースにする事によりボディーライン、各パーツのつなぎ目のチリにアラがあると他色と比べ目立ってしまう。

だからこその白をベースに選び、造形のチリひとつに対しても妥協を許さず丁寧に作られている。

 

純正を昇華させたエクステリアという事で、純正のプレスラインは消さずにボディーメイク。

Fフェンダーへ埋め込まれたBMW Z4のサイドマーカーも後付け感ない自然な仕上がり。

F 2.5cm、ワンオフスライドヒンジを使用したR 4cmの出し幅のオーバーフェンダーも前述のプレスラインに干渉しないよう自然な仕上がりとなっている。

ホイールにはオーナー自身の思い入れ強いBBS LM改の20インチが収められている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

img_7068

 

img_7060 img_7054

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

img_7071 img_7076

 

img_7074 img_7078

 

 

インテリアはホワイト×ダークグリーンでシックな色合いでまとめる。

外装と比較してインテリアが際立たないよう抑えるべき所を抑えた足し算引き算が両立した空間演出だ。

そしてラゲッジのオーディオシステムはライトニングオーディオをメインに構築。

これは前仕様の頃天井知らずのオーディオ機器の中から、限られた予算でしっかり鳴らせる機器の選定をオーディオショップ N,sファクトリーの代表に相談した所、薦めてもらい十二分にニーズに応えるだけ鳴った、そしてショップの腕がありきで鳴ったという思い出深いブランド。

この想いを現在のオーディオシステムにも継承し自身の納得いくオーディオを楽しんでる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【オーナーこだわりのオーディオシステム】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単純に派手で目立つのでなく丁寧な作り込みを重ねていけばシンプルでも獲れるし見てもらえる!!

シンプル志向のオーナーさんももっと気軽にイベントやミーティングに出て来てほしいですね!!

 

 

img_7083

 

 

【製作ショップ】

興明車    06-6409-4814

N,s factory  050-7100-1793